強制退室日和

男一人がゲームしたり、音楽作ったり、いろいろしたり・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

駄ぶn5

今回のテーマ
それはBGMについてです

今はダンスミュージックを中心に作っているのですが、
将来的にはゲームのBGMやドラマや映画のサウンドトラックの仕事がしたくて今DTMやってたりします()

BGMといえばなかなか軽く見られがちなのですが、

その作品のテーマ
場面での雰囲気作り

場を盛り上げたり、逆に沈めたりと曲によって作品に色をつけるという大事なものでもあります
昔の名作無声映画なんかはまさにこうですね
コメディタッチの無声映画ではアップテンポでキャッチーな曲を
しっとりとした場面が多い映画ではスローな曲を

映像と音楽の調和性が絶妙ですね

今一生懸命作っているダンスミュージックも、これに当てはまると考えています

最初は緩やかな坂を登るように音が増えて
ブレイクに入る前に駆け足で走らせて
ブレイクはちょっと休憩させて、しかし徐々にエンジンを温めさせ
そして一気に開放
そして徐々に収束
DJMIXなんかはまさに踊る空間づくりのための雰囲気作りを曲をつなげってやってる

まさにBGMとしての仕事だと思います

・・・・・・ちょっと話がぶれちゃいましたね

ではここからは自分が好きなサントラやBGMの曲をちょっとだけ紹介します

まずはX-ファイルからアノ曲です

いやぁ・・・・怪しさ全開ですね
X-ファイルといえばこの曲と言っても過言ではないですね
不気味さと神秘性、謎が謎を作る
そして謎を残したまま話が続くX-ファイルにぴったりなBGMです

次は一度は聞いたことのあるあの曲

イントロであぁこの曲かぁ~ってなる方も多いのではないのでしょうか
この曲は昔の海外のTVドラマ「トワイライトゾーン」で使われていた曲です
この作品もX-ファイルと同じSFチックな描写が続くミステリー作品です
やっぱりSFとかオカルト物の作品の曲は印象に残りますね

次はちょっと思考を変えて最近のものを

数年前に流行ったドラマ、「ライアーゲーム」の曲です
このドラマはBGMをCapsuleやPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅでお馴染みの
ystk中田ヤスタカ氏が手がけたことでも有名です
クラブ感全開のエレクトロチックな曲ですね
騙し合いがテーマの作品にあったとても印象的な曲だと思います

次は・・・・・・あれです

(これをBGMといってもいいのかと悩みますが一応出します)
「8時だョ!全員集合」より通称盆回りです
コントのオチにかかるいっそがしい曲ですね()
ドラマっぽく始まり、ボケの連続で疲れさせて、最後のとんでもないオチでかかるお祭り感全開の曲
ちなみにこの曲、名前はなくてスタッフが盆回りと呼んでいたことがとの通称になったようです

次は劇的なアノ曲です

「大改造!!劇的ビフォーアフター」よりなんということでしょう「匠」です
リフォームが終わったあとの全貌が明らかになる時の曲ですね
ゆったりとして印象に残り、しかし邪魔にならないBGMのお手本のような曲だと思います
ちなみにに作曲者の松谷卓さんはほかにも映画やニュース番組のBGMもよく手がけていて、名前は知らなくても曲は知ってるっていう人も多いかと思います

出しすぎるとキリがないのでこれで一応最後にします()

こちらも数年前に流行ったドラマ「医龍」のBGMです
医療の現場、命の重みを扱うドラマにふさわしい壮厳かつ綺麗な曲だと思います
ちなみに作曲者の澤野弘之さんは後に「進撃の巨人」のBGMを手がけることになります
(ちなみに医龍は漫画全部持ってるんだけど主人公の朝田先生の性格が違いすぎてry)

ってなわけで自分が好きなBGMやサウンドトラックをまとめてみました
BGM単体だけでも素晴らしいですが、やはり映像と合わさってこそのBGM
あなたもドラマや映画、バラエティ番組を見るときに
BGMにも注目してみませんか?







ちなみにバラエティ番組のBGMはゲーム音楽がむっちゃ多いです
  1. 2013/11/07(木) 23:55:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更新してない間にあったことの報告etc

お久しぶりです
ひどく間が空いてしまいました()
というのもここ最近自分のイベントラッシュだったものですから、結構忙しかったのです(まぁ忙しいのは嬉しいのですがね)
というわけで、このページも結構ほっぽり出してしまったわけです()
記事更新してない際に出てくる広告を見てちょっと凹みましたが(ry

というわけで更新してないあいだにやっていたことを書いてみます

まずはBMSイベント
『第10回自称無名BMS作家が物申す!』に参加しました
まぁそれだけですけどね()

その次は、
YCAの2ndアルバム『セピア色の風景』に参加しました
こちらには「celestial observation」という曲で参加しました
リラックス音楽ということで、自分流プログレッシブハウスを書いてみました
個人的にかなり気に入った出来となっています

最後に、
音屋ぺーじに登録しますた
自分の気まぐれが発動して、
「なんとなく登録するかー」って思って登録しちゃいました()
「ジャケットとか登録して見たけど、これ増えてったら面白いんじゃね?」
っと内心結構ノリノリになってます()

というわけで久々に報告の場を設けてみました
まぁまたちょこちょこ更新していきたいと思います()

でわまた
  1. 2013/08/05(月) 05:14:56|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

報告ですn

報告があります(その前に更新久々すぎる)

BMSイベント・『ノンジャンル2- Unlimited Fighters -』にBMS登録しました!!(やったねたえちゃん!)

今年は積極的にイベントに出ようと思っていたので、これでやっと1つ目です

順位とかはもちろん気になりますが、それよりもイベントに出ることに意義があると思ったので
今はホッとしてます()

これからBMSとかもイベントシーズンなんで、忙しくなりそうですが
頑張って曲作りしていきたいです!
  1. 2013/05/17(金) 20:25:15|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駄ぶn2

別名義の必要性について考えてみた

音楽とかでよくある、別名義とか変名
例としてあげるなら、Hiroshi WatanabeさんのKaitoや、dj TAKA氏のD.J.SETUP
音楽以外では、、、さとう雅義とか川中嶋悟とか比留間京之介とか夕凪咲巳とか(これはひどい)

まぁ↑のおふざけはさておき、変名にするべき理由があるから変名にしてるのですよ
大半が正体を隠すのが大きな理由の一つですが
自分的には、作者イメージの切り替え的なものも含まれてると思います

この名前の時はしっとりした作品にして・・・・・
あの名前の時は激しいので・・・・・
こんな名前の時はアホみたいななで・・・・・

こんな感じでいろいろ考えることができるんですよ
そういった例では、kors kさんなんてすごく変名を使うのがうまいですよね

そうなると新しい名義を考えるのが楽しくなってくるわけですよ

こういうことも、作品作りの気分転換にでも考えてみてはどうですか
  1. 2013/04/06(土) 03:06:03|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハウスっぽい何か

また音雲を更新しました
http://soundcloud.com/#ryo-k-a-k-a-kanikama/snow-of-spring

最近息つまり気味だったので、何も考えずに作りました
とりあえずハウス書きたいなーなんて思って、適当にリズム隊とピアノのバッキング作ってみたら
わりと気持ちよかったので、あとはそのまま勢いで書きました()
(何も考えてないからまた後半にガッツリいつもどおりのコーラスがry)

本当に勢いだけで書いたので色々とアレですが、僕自身気に入ってます
タイトルは春なのにちょっと冬っぽい曲ができたかなー的な感じでまた何も考えてないです

10分と長い曲ですが、体揺らしながら聞いて頂けたらありがたいです
  1. 2013/03/28(木) 00:20:05|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。